恋愛・同棲

大学で一目惚れした名前も知らないイケメンに連絡先を聞き2人きりで遊ぶほど仲良くなれた勇気の話

あなたは一目惚れをしたことがありますか?

一目惚れしたけど、全然話しかける事ができない…
告白なんて勇気が出ないし怖くて絶対無理…

誰かを好きになってもその先の行動を起こす事はなかなか難しいですよね。

そこで今回は私が

大学で一目惚れした名前も知らないイケメンに連絡先を聞き
2人きりで遊ぶほど仲良くなれた勇気のお話

をお届けします!

 

 

 


勇気を出せば確実に何かが変わる
と知って

好きな人に話しかけたり
思い切って告白できたらいいなという願いを込めてお伝えします。

そもそもの始まり

一目惚れの瞬間は突然に



大学構内を歩いていた私は1人の男子とすれ違いました。



これがこのストーリーのすべての始まりです。

その男子を見た瞬間

「え…めちゃくちゃタイプ!!」

「今までこんなイケメンいた!?

なんで今まで気づかなかったんだー!」

私が人生で初めて一目惚れした瞬間でした。


すれ違ったその一瞬で
私の心は完全に持っていかれました。笑

情報収集

一目惚れをした私が次に取った行動。

それは「情報収集」です。笑

※若干ストーカーっぽい空気が出ちゃってますが
 そこはなんとか純粋な乙女心だと受け入れてほしぃ…笑

大学構内ですれ違っただけなので

そのイケメンくんに関する情報は
同じ大学という事だけです。

そこで、まず友達のAちゃんに
一目惚れしたことを打ち明け

「誰かあの人の事知ってる人いないかなぁ」
と相談してみました。

すると数日後
Aちゃんから

「私の友達のBちゃんが
 そのイケメンくんと同じ学科だって」

と報告を受けました。

はい、Aちゃん神!!笑

ここでイケメンくんの名前と
バス通学であることが判明しました。
(ごめんなさい、ほんとストーカーではないです…w)

ちなみに当時、私もバス通学でした。(ナイス!)

どうやって連絡先交換したのか


名前とバス通学であることを知った私。

それからその人を見かけるたびに
話してみたいなという気持ちが
どんどん大きくなっていきました。

そんなある日
チャンスは突然訪れました。

大学から家に帰るとき
バスに乗ると

なんとイケメンくんが座っているではありませんか!しかも1人で!
周りにイケメンくんの友達らしき人もいない。

「ヤバい…チャンス来ちゃった」

でも嬉しい反面
すぐに不安が頭の中を駆け巡りました。

「どうしよう、どうしよう
 いきなり話しかけて気持ち悪がられたらどうしよう、怖いな…むりぃ…」

でも、たくさんの不安の中でふと思いました。

今この瞬間を逃したら
二度とこんなチャンスは来ないんじゃない?

この思いが私を決意させました。

よし、思い切って連絡先を聞こう!

バスから降りて
駅に向かうイケメンくんを追いかけた私。

声をかけようとした瞬間
イケメンくんが
イヤホンをしていることに気づきました。

ヤバい…!

次の瞬間
私はイケメンくんの服をつかんでいました。

彼は少し驚いた顔で振り向きました。

私は心臓をバクバクさせながら

「○○学科〇年の○○っていいます!
 友達になりたいので連絡先教えてください!

と伝えました。

すると

「いいよ」

と返事が返ってきました。

私は信じられない気持ちでそのままイケメンくんと連絡先を交換しました。

彼の目に初めて私が映った瞬間でした。

後にも先にもあの時ほど緊張して、あの時ほど勇気を出したことはないかもしれません。w

 

私は自分が行動すること
いつも目で追う事しかできなかったイケメンくんと連絡先を交換することが出来ました。

この行動に必要だったのは”たったつの勇気です。


③連絡先を交換したその先はどうなった?

連絡先を交換できてからたくさんやりとりをしたり、電話したりしました。

 

電話は最高2~3時間くらいはしました。笑

 

大学でもすれ違う時に挨拶できる仲になれました。

 

目で追うだけだった日々には考えられなかった楽しい日々を私は手に入れる事ができました。

 

2人で遊びたい!と遊びに誘って
2人きりで遊ぶこともできました。

 

結局は付き合う事にはならなかったのですが、仲良くなれてすごく嬉しかったです。

 

④積極的な行動が実を結ぶ


私は決して可愛いというわけではありません。


男友達に3、4番手の顔だと言われたこともあります。(失礼か)

でも、そんな事は関係なく


勇気を出して積極的に行動すれば
ただ目で追うだけだったイケメンとも
連絡先を交換して
仲良く遊ぶことができるようになるのです。

私はこの体験から勇気を出して行動する事の大切さを実感しました。

あのチャンスの瞬間

「連絡先聞いて断られたらどうしよう…」

「後日イケメンくんの友達との間で
気持ち悪い奴がいたと噂されたらどうしよう」

など怖いという気持ちは当然ありました。

でもあの時もし連絡先を聞いていなかったら

私はずっとイケメンくんを目で追う事しかできず
イケメンくんの目に私が映ることなんて一生無かったと思います。

行動しておけばよかった
後悔することになっていたと思います。

今、勇気が出なくて好きな人に話しかけることが出来なかったり、告白できないあなた

勇気は一瞬、後悔は一生ですよ!本当に!

そのまま、モヤモヤした日々を送りますか?
思い切って勇気を振り絞ってみませんか?

行動して必ず成功するとは言えません。
でも、行動しなければ何も変わりません。

あなたがこの話を聞いて

「こんな人もいるんだな」
「私も頑張ってみようかな」

と思って

好きな人に話しかけたり
思い切って告白できること

願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
かごめ
かごめ
26歳のブロガー兼webライター。 2021年3月に3年間勤めた会社を退職し「書いて生きていく」ことを決意しました。